私は「とうの立ったプリンセス」

最近小鳥がやたらと賑やかなのです。

 

どうやら異常発生のようですが、声も姿も可愛らしいからか、カラス大発生の時のような大騒ぎにはなっていません。

 

時々、拙宅の庭で3,4匹砂浴びをしているんですが、砂の中でクルクル回っている姿も、飛び立った後に転々と残された小さなバスタブも何とも又可愛らしいのです。

 

最近再びピアノの練習を始めたのですが、鳴き声と波長が合うのかピアノを弾くと小鳥達がたくさん集まって来て、まるで合唱のような騒ぎです。

 

これまた可愛らしい事。

 

どうやらお気に入りはドビュッシーらしいのです。

 

そんな時私の頭に浮かぶのは、白雪姫やらスリーピングビューティーやらを、うっとりした眼差しで取り囲む森の小動物たちの光景・・・美しい!

 

まるでお伽噺の主人公にでもなったかのような気分で、小鳥と共にピアノの練習にも熱が入る「とうの立ったプリンセス」です。

 

実家での「雛の日」

 

毎月、父の月命日には母が一人で暮らしている(猫と一緒ですが)実家に行き、御茶を飲んだり、四方山話をしたり、ついでに家の用事を手伝ったりしています。

 

今回は月命日の一週間前だったのですが、母からの電話での依頼があり出かける事となりました。「お雛様」を床の間に飾りたいので、押入れから出してきて手伝ってほしいとの
事でした。

 

体調を崩し早期退職し、「専業主夫」として暮らしている私にとっては時間だけは贅沢にあります。という事で、朝から実家へと出かける事となりました。

 

 

母から依頼され出してきたのは、すべて母が自分で作った「木目込み人形」のお雛様でした。私と弟しかいない我が家でも、「戦争」で燃えてしまった雛人形が惜しくて、コツコ
ツと母が自分で作っていた雛人形、不思議と、五月人形の鎧兜とこれは、あの20年前の「阪神淡路大震災」で家が半壊しても、無事に残り続けていました。

 

母は今、一人で実家で暮らしています。

 

数年前に父が亡くなり、本当に猫とだけで暮らしているははです。

 

しかし、いつ行っても季節の花が飾ってあり、その季節に合った掛軸が床の間にぶら下がっていて、季節の飾り物が必ずそっと置いてあります。

 

こんな風に「お一人様」になってもいつまでも季節の変化に敏感で、「あんな事をしてみよう」「こんなものを飾ってみよう」「季節の飾りをきちんとださなければ・・・」と思い続けて暮らしていければ、毎日の時間もアッというのに過ぎてしまうのかもしれません。

 

それに比べて「」というややこしい物を心に住み着かせてしまった自分は、季節の変わり目に気がついても、どこかで「まあいいや」「もういいや」と済ませてしまい、それで時間を無駄に使いながら生きていると、つい思ってしまいます。

 

 

やはり大きくなっても「親は親」。

 

黙っていても教えられる生き方があるのだなぁ、自分ももっと季節に敏感になり、様々な事で楽しみを見つける事が「生き方をより充実させる事なのかもしれない」と、一生懸命人形の髪の毛を整えている母を見て、教えられたような気がしました。

 

美容にお金と手間を掛けられない主婦の強い味方。

 

お手軽スキンケアの決定版はコレ!


このページの先頭へ戻る